りんごあつめ

りんごあつめは、iPhone・iPad・MacなどのApple情報を分かりやすくお届けするブログです。

新型iPad ProやMacBook Airなど、2018年登場したApple新製品まとめ!使いにくいと不評だったApple Pencilも新しくなったよ。

f:id:starline1201:20181104222611j:plain
2018年10月30日23時(日本時間)、Appleは発表イベントを開催し、これまで登場が噂されていた複数の新製品をお披露目しました。

今回は、噂情報の答え合わせも兼ねて、イベントでの発表内容をおさらいしていきたいと思います(画像参照:Newsroom - Apple (日本))。

2018年10月発表された新製品は何?

新製品をサクッとまとめ!

まず始めに、今回のイベントで発表された製品を一覧でご紹介しましょう。

  • 新型iPad Pro(11inch・12.9inch)
  • 新型Apple Pencilほか、新型iPad Pro向けアクセサリー各種
  • 新型MacBook Air (13inch)
  • 新型Mac mini

噂情報の段階では、iPad Proの登場こそ確実視されていたものの、新しいApple Pencilの情報はそれほど話題に上っていませんでした。

また、Macに関してもMacBook Airの新型はある程度予測されていたものの、新型Mac miniに関しては今回は出ないだろうとみられていただけに、嬉しいサプライズだった方も多いはず。

それでは、次の章から順番に新製品について解説していきましょう。

新製品の詳細をチェック

新型iPad Pro(11インチ・12.9インチ)

新しいiPad Proは、これまでの10.5inchと12.9inchの構成から、11inchと12.9inchの構成に変更となりました。

f:id:starline1201:20181115153208j:plain
iPadPro2018は11inchと12.9inchの2サイズ

歴代のiPad Proは、最大サイズの12.9inchこそ初代から変わっていませんが、標準サイズの物に関しては

  • 9.7inch→10.5inch→11inch

と毎年のようにサイズが変わっています。アプリ開発者の方がこの辺りを面倒に感じないか、(余計なお世話ではありますが)心配になってしまいます。

さて、今回のバージョンアップでは、こうしたディスプレイサイズだけでなく、筐体サイズや形状も大きく変更されました。

新型は全体的に角張ったデザインですが、これは初代iPadに近いものを感じます。

そして、事前の噂通り生体認証としてFaceIDを搭載。従来の指紋を使った認証方式(Touch ID)は廃止されました。この辺りは、iPhoneと同じですね。

CPUはiPhoneXS/XS Max/XRで採用されたA12Bionicの強化版「A12X Bionic」を搭載。

昨年発表の2017年モデルは、発売の約3ヶ月後に新型iPhoneと共に新世代CPU(A11Bionic)が発表されていましたが、今回はiPad側の発売時期をずらすことで、こうした状況は避けられたかたちです。

12.9inchモデルについては、ディスプレイサイズはそのままに従来より小型化されているので、「大画面が良いけど、持ち運びが面倒……」という方も検討対象になってくるかもしれませんね。

新型Apple Pencil(第2世代)

iPad Proといえば、忘れてはならないのがApple Pencil。このApple Pencilも、今回新型が登場しました。

f:id:starline1201:20181115153201j:plain
第2世代のApplePencilは、新型iPadProのみ対応というイジワルさ

今回の目玉は、なんと言っても新型Apple Pencilにワイヤレス充電機能が搭載されたことです。

これまでのApple PencilはiPadのLightning端子か、付属の変換アダプターを用いてLightningケーブルで充電するしかありませんでした。

でも、新型ApplePencilは内蔵マグネットで新型iPad Proの所定の位置にセットすることで、ペアリングと充電を行ってくれる優れものです。

また、対応アプリであれば、ApplePencil上で人差し指をダブルタップすることで、さまざまな機能を呼び出すことができます。

従来のApplePencilはタッチペンとして性格が強かったことを考えると、これは順当な進化ではないでしょうか?

なお、この新型Apple Pencilが使用できるのは、記事執筆時点では今回発表された新型iPad Proのみ。従来のiPad ProやiPad(第6世代)では使用できません。

逆に、従来のApple Pencilを新型iPad Proで使う事も出来ないので、機種変更を考えている方は気を付けてくださいね。

新型MacBook Air (13inch)

Macでは、今回新モデルとして新しいMacBook Airが発表されました。

f:id:starline1201:20181109164834j:plain
13インチの新型新型MacBook Air

事前の噂通り13inchのRetinaディスプレイを搭載してきましたが、価格は一番安価な物でも145,584円(税抜)と、従来のような安価なラップトップ型Macとは言いがたい物となりました。

また、一部で噂されていた13inch OLEDディスプレイ搭載のMacBookは、今回は発表されませんでした。

新型と従来型の違いは、概ね以下のような感じです。

MacBook Air〜2018年モデルとそれ以前のモデルとの主な違い
  • Thunderbolt3対応
  • Retinaディスプレイ対応
  • MacBookやMacBook Proと同様のタイプのキーボードを搭載
  • 感圧タッチトラックパッド搭載
  • Touch ID搭載
  • 全体としてコンパクトされ約100gの重量減を実現

Thunderbolt3に関しては、初めてUSB-C端子を採用したMacBookでは非搭載だった為、MacBook Airの後継機種でも搭載されるかどうか、微妙なところでした。

しかし、ここで思い切って搭載してきたのは、ユーザーとしても好感がもてます。

Thunderbolt3に対応していれば、eGPUでグラフィック能力を増強することも出来き、従来のMacBook Airよりも作業の幅が拡がります。

余程ハードなものでなければMacBook Proに手を出さなくても良くなるのは大事なポイントですね。

また、Touch IDを搭載したことで、セキュリティ面やログインの手軽さも向上し、頻繁にMacを使う人には嬉しい仕様となりました。

もっとも、Apple Watchを使って自動ログインをしているという方には、あまり関係ないかもしれませんが…。

ちなみに、従来型のMacBook Airも廉価版として併売されます。選択の幅が広がり、ユーザーにとってはありがたい限りです。

新型Mac mini

今回、もしかするとMacBook Air以上に話題をさらったのが、Mac miniではないでしょうか。

意外な伏兵として4年ぶりにMac miniの新型が登場したことは、私自身、とても驚きました。

f:id:starline1201:20181109153402j:plain
2018年発表されたMac mini。その実力はいかに。

実に4年ぶりにモデルチェンジを果たした今回は、コンパクトなボディはそのままに、内部を最新の仕様にパワーアップ。

旧モデルではストレージにHDDを搭載して安価にした物も用意されていましたが、今回はベーシックモデルも高機能型も全てSSDとなっています。

デスクトップ型Macの定番だったFusionDriveの選択肢も排除しているのは、なかなか興味深いところです。

ストレージの他、CPUとRAMのCTOカスタマイズも可能。

RAMは最大64GBまで増強できるので、グラフィック系のハードな作業にも十分活用できるのではないでしょうか?

ちなみに、先代のMac miniでは購入後にユーザー自らRAMを増設することは出来ませんでしたが、発表会の画像を見る限り、今回はそれが出来る可能性があります。

記事執筆時点ではAppleからの公式発表がされておらず、実際に増設できるかはわかりませんが、Mac miniを考えている方はAppleからのアナウンスが出るまで待ってみる方が良いかもしれません。

まとめ:あなたはどの新製品を購入する?

f:id:starline1201:20181104222720j:plain
今回は「新型iPad ProやMacBook Airなど、2018年登場したApple新製品まとめ」と題して、Appleの発表イベントの内容を簡単にご紹介しました。

Appleファンでなくとも、購入を検討したくなる製品のお披露目となったように感じました。個人的には、充電方法が大きく変更となったApple Pencilが心から欲しいが…と購入を迷っております。

欲しいのはヤマヤマなんですが、新型Apple Pencilを手に入れるためには、一緒に新型iPad Proを購入しなければいけないんですよね。昨年iPad Proを購入してしまった手前、家族会議を通す必要がありそうです。

今回発表された新機種の詳細については、今後も随時お届けしていきますので、そちらもどうぞお楽しみに。

以上、「新型iPad ProやMacBook Airなど、2018年登場したApple新製品まとめ!使いにくいと不評だったApple Pencilも新しくなったよ。」でした。

関連記事

新製品を購入する前に検討して欲しい事といえば、各製品のスペックや価格以外に「支払い方法」があります。

下記記事にまとめたように、Apple製品を購入する際には様々な支払い方法があるので、無理のないご自分に合った支払い方法を選んでくださいね。

www.ringo-atsume.com